ウェルキャンプ西丹沢でファミリーキャンプデビュー【前編】

ウェルキャンプ西丹沢でファミリーキャンプデビュー【前編】

Gaty煌です。
2018/7/17~19の2泊3日で待望のファミリーキャンプデビューしてきました。
行き先はタイトルのとおり神奈川県足柄上郡にある「ウェルキャンプ西丹沢」

食料品は前日に買えそろえ、冷凍できるものは冷凍し、出発当日の朝に6月のコールマンファミリーセールで¥5,000で購入した「ホイールクーラー/60QT」に「MONOQLO CAMP 2018 安くて超ド良い!キャンプ道具 満天5つ星ランキング 全428製品」の保冷剤比較テストで№1だった「アイリスオーヤマCKB-800 L」3枚と氷5袋の間に詰め込み、いざ、出発!!・・・のその前に、わが家の愛猫スコティッシュなRIKUを実家に預けに行き9:30に出発!!

 

横浜新道⇒保土ヶ谷バイパス⇒東名高速を経由して大井松田ICで高速下車し国道246で御殿場方面へ30分ほど走り清水橋T字路を右折し県道76号線で目的地までは残り約15㎞。自宅を出発して途中、休憩を取りながら約2時間で西丹沢付近まで来られたのでかなり順調でした。

 

野菜類だけは事前に調べておいた「道の駅 山北」で買う予定にしていたので立ち寄ることにですが、なんと定休日(普段は月曜日定休なのですが16日(月)が祝日のため翌日に)。仕方がないのでとりあえず、そのまま「ウェルキャンプ西丹沢」へ向かい途中、丹沢湖と中川の渓流を望みながら無事、12:00頃に到着。

 

総合受付でチェックインの手続きでは受付のおじさんが丁寧にいろいろと説明してくれました。そして近場に野菜類を売っている商店の場所を教えてもらい、サイトに向かう前に買い出しに行くため一度、今来た道を戻り野菜類をGet!!して往復40分でいよいよサイトへ到着。今回、予約したのはキャンプデビューということもあり「電源付きサイトBゾーン」の№152が、わが家の聖域。

はじめてのテント設営は汗だくで‼

平日ということもあり、この時点でBゾーンはわが家だけでAゾーンとCゾーンに2テントずつくらいとコテージ利用の方がちらほらいる程度で、「空いていてよかった~」と思いながら早速、テントを張ることに。

「最初にタープから張り、位置決めすると良い」という先輩キャンパーのブログなどで情報を得ていましたが、わが家の聖域№152は区画内に大きな岩があることから受付のおじさんに「左右前後にはみ出してもいいから」と言われてはいたものの、どの程度まではみ出してよいのか初心者のわたしにはわからないので、岩を背にしてテントから張ることに。

ちなみにわが家のテントは以前に紹介した「オートキャンプデビューで必要なもの一式選び」で購入候補に挙げていた「コールマンタフスクリーン2ルームテント」は奥さんと東京お台場の「Wild one」に下見に行ったときに価格と長男がまだ5歳であり大きさなどのレビューをいただいた末、同じコールマンの「タフドーム2725」をAmazonで¥17,976、そしてタープも同じくコールマンの「XPヘキサタープ/MDX」¥12,943で購入しました。もちろん、「村の鍛冶屋さんの鍛造ペグ」も2セット¥5,702そろえました‼

  

これらのテントとタープ、一人でも簡単に設営できるようにアシスト機能がついており、それぞれ15分くらいで設営できるとの前情報でしたが、なんせ初心者であり、わが家はマンションでそんなに広くないことから自宅で練習もできず当日が本当の初張りでYouTubeの動画を観ながらペグ打ち完了まで……90分‼この日のキャンプ場の気温は31℃の炎天下で木陰のない№152に汗だくで、たいへんやりがいのある作業でした。

ちなみに5歳の長男Kid煌は付属のプラスチックハンマーとプラスチックペグを持ち、少し離れたところで楽しそうに地面に打ち込み、奥さんも水分補給を促してくれ応援してくれました‼

そしてテント内に銀マット、シュラフをセットし、タープ下にはテーブル、チェア、BBQコンロ、カセットコンロなどのその他、諸々を配置してやっと一服‼

銀マットはホームセンターで2枚購入しシュラフはウィベルタ -5℃対応の2人用シュラフ¥3,980とTooge冬用ダウン-10℃対応を¥3,850、コールマンナチュラルモザイクミニテーブル(BBQコンロとカセットコンロを乗せるために)¥2,138、コールマン2マルチパネルランタン¥3,937をAmazonで購入しコールマンファミリーセールでナチュラルモザイクTMリビングテーブル120プラス¥3,900で、2500ノーススターLPガスランタンを¥5,000、リゾートチェア¥1,900を2脚、コールマンオンラインショップで専用グランドシートを¥4,644で購入しました。
      

夜はお待ちかねのBBQ

テントの設営も無事?に完了し、一服したところで時計を見ると15:45に。
Kid煌は水遊びがしたくて天然プールに「行こうよ、行こうよ~」と言いますが、天気も曇りはじめ、雷鳴がゴロゴロ~と唸り、川の水がけっこう冷たいので今日はこのまま、夕飯の準備をすることに。・・・の前にとりあえずKid煌と場内を散歩‼

そういえば、うちのKid煌、テント設営中にトイレに行きたくなり、Mommy煌と一緒にトイレに行きましたが、いろいろな虫が飛び回っていることに恐怖を覚えトイレの中に入れず用を足すことを拒否したようですが、Mommy煌に押さえつけられながら用を足したそうですが、立った足がガクガクと震え泣き叫びながらだったそうです。(笑)
自然界にはたくさんの生き物たちがいることも徐々に教えていかなければなりませんね。

そんなトイレ、ウォシュレットではありませんが、とてもキレイで掃除が行き届いていることがよくわかり使用する我々もきれいに使わなければいけないと思いました。

そして炊事場ですが、わたしたちのサイト近くの炊事場はこじんまりしていましたが、
こちらもとてもキレイに使われているのがわかります。炊事場はほかにもあり広さは様々です。

最後に売店に寄って焚き火用の薪を購入しKid煌とともにわが聖域へ戻り夕飯の支度にとりかかることに。

夕飯はBBQで今日、買ってきた野菜とファミリーキャンプデビュー記念ということで、ちょっと奮発して準備した国産牛フィレ肉をメインディッシュにフランクフルトとサラダなどに・・・うちのMommy煌は身体が弱いので普段からわたしが料理するのですが、飯盒でお米を炊くのはMommy煌が、それ以外はKid煌とわたしが担当し、まずは乾杯から‼・・・残念ながら忙しすぎて初日の夕飯の写真は家族写真しか撮れず(汗)、upするものがありません(大汗)。

そして夕飯後は焚き火をしながらKid煌の大好物、パイナップルを食べようと思っていましたが、なんとKid煌もMommy煌も眠いとのことで・・・今朝はみんな早かったので無理もないか~‼と二人はテントの中へ。残ったわたしはひとりランタンの灯りを相手に芋焼酎のロックで家族とともにキャンプデビューできたことに感謝しながら、このひと時を満喫しました。・・・とその時、Kid煌が泣きながら「煌ちゃん寂しいからお父さんのところに行ってもい~い?」と復活。


ふたりで再び乾杯し、まだ5歳のKid煌と自然や虫のこと、普段のことなど、夜遅くまで話しわが家のキャンプデビュー1日目を無事に終えることができました。

ウェルキャンプ西丹沢でファミリーキャンプデビュー【後編】へ続く‼


にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

ウェルキャンプ西丹沢でファミリーキャンプデビュー【前編】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ウェルキャンプ西丹沢でファミリーキャンプデビュー【後編】 | Let's Go to the Camp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください