ファミリーキャンプデビュー2戦目 桐の木平キャンプ場レポ

桐の木平キャンプ場

前回のキャンプから約1ヶ月。途中、予定していた三菱スターキャンプin朝霧高原が台風の影響で中止になり、待ちに待ったこの日。またもや台風が……

8月24日(金)から2泊3日の予定で行き先が群馬県沼田市であることから台風の進路を気にしつつ前日23日(木)の夜に出発しました。

自宅、横浜から関越道入口までは節約のため環八通りで、その後、関越道で沼田IC下車車内泊に選んだのはキャンプ場から20分程度、手前にある関東でも人気高い道の駅「田園プラザかわば」。
最近は道の駅利用の車内泊のマナーの悪さが取りざたされることがおおいので、広い広い駐車場の隅っこの方に車を停めて朝まで仮眠をとりました。
「田園プラザかわば」の画像検索結果

画像出典:道の駅 田園プラザかわばHPより‼
夜中はちょうど台風の通過で風も強く木々はバタバタと音をたてており、ここまで来たはいいものの、翌日は無事にテントが晴れるのか不安になりながらの仮眠となりました。朝は5時ころから目が覚めましたが、小雨が残っている程度で台風は無事に通過したようです。

ここの道の駅「田園プラザかわば」は地元の野菜販売が盛んなようで早朝から地元の農家さんが軽トラで納品に来て午前9時の開店に備えていました。

開店後はKid煌とMommy煌の3人で野菜などを購入し道の駅内をあれこれ散策しましたが、子ども向けの遊具もあり家族連れには飽きない、流石、人気ある道の駅と納得できるものでした。
「田園プラザかわば」の画像検索結果
画像出典:道の駅 田園プラザかわばHPより‼ 

道の駅で時間を潰したとはいえキャンプ場へ向かうにはまだ早かったのですが一応、アーリーチェックインが可能か電話してみたところ、昨夜の台風の影響からか前日利用のキャンパーは居なかったようで「フリーサイトのご予約なので入れますよ!」とのこと。

そうと決まれば迷うことなし!早速キャンプ場へ向けデリカでGo!!


15分程で「桐の木平キャンプ場」へ到着し早速、管理棟で受付。ひととおり説明を受けゴミ袋とペットボトル2本のミネラルウォーターをもらい最後に雨も完全に止み青空も見えはじめてますがフリーサイトはまだ乾いてないところが多いとのこと。

「今日はキャンパーも少ないけど明日は満員になりますが、フリーサイト入ってすぐ左側の場所が少し傾斜はありますが芝生で水捌けもよく、ちょうど1サイト分位なのでオススメですよ!」と教えてくれました。

フリーサイトへ車で移動しひととおり地面、炊事棟、トイレの場所を確認し、やはり管理人さんに教えてもらった位置に今回の聖域を建設することに。

キャンプデビューから少しの成長

今回のキャンプで、わが家はまだデビュー2戦目!前回のデビュー戦ではテント、タープと一式設営完了まで約2時間かかりましたが、今回はすべて完了まで1時間足らずで設営することができました。

アーリーチェックインできたおかげで時間にも余裕があり、ちょうどランチタイム!今日のランチはスペアリブにすることに。道の駅「田園プラザかわば」で買ってきた地元野菜も一緒にヤキヤキ!もちろん”超~”が付くほど旨い!…特に玉ねぎは最高でした。

ランチタイムを終え、Kid煌は釣りがしたいとのこと!天気もすっかり青空になりましたが昨夜は台風の音が気になり車内で寝られず睡眠不足で昼寝したいMommy煌を1人テントに残し二人でサイト内の渓流へ。この辺りは岩魚釣りでも名が知られている場所なのでKid煌と二人、期待をふくらませいざ出陣!


この日のために渓流用のルアーロッドとKid煌用のテンカラ竿を準備してきたので気合いも入ります!……が、2時間程竿を出しましたがアタリひとつなく今晩の食卓に華を添えることはできませんでした。

二人歩いてテントへ戻りましたがその途中の景色はまさに自然そのものであり、Kid煌と唄を歌いながら楽しく戻りました。

この日のフリーサイトは夏休みといえども平日、金曜日であるからか、けっきょくわが家ともう一組の3世代、二世帯ファミリーキャンパーのみで炊事棟も待つことなく夕飯の仕度もスムーズにできました。

ときどき雨が降ったり止んだりでしたが家族3人楽しくBBQを満喫し食後はおまちかねの焚き火タイム!……のはずが雨と湿度のせいか?はたまたわたしが未熟者であるからか?管理棟で購入した薪に火おこしできずに断念し桐の木平キャンプ場での一日目を終えました。

 

【桐の木平キャンプ場レポ 後編】につづく

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村




Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください